一般社団法人 静岡県発明協会

特許の活用で事業に活力 経営に生かそう知的財産

  • アクセスマップ
  • 〒420-0853 静岡市葵区追手町44-1 静岡県産業経済会館1階
  • TEL 054-254-7575
  • FAX 054-254-7663

パテント部会(産業財産権関連実務研究部会)

パテント部会って何?

一般社団法人静岡県発明協会の前身である社団法人発明協会静岡県支部の内部組織として1987年に「産業財産権関連実務研究部会」として発足しました。厳めしい名前ではありますが、一般には「パテント部会」で通っています。当協会の会員で構成されており、会員同士の研鑽の場として活発に活動を続けています。

どんな活動をしているの?

10名の幹事を中心に自主的に企画・運営されており、年間10回(1月と8月を除き、月1回)の部会を開催しています。毎回、知的財産権関連の話題をとりあげて講演会やパネルディスカッションなどを行っており、年に1度は工場見学も実施しています。過去の活動実績はこちらをご覧ください。

パテント部会の様子(1) パテント部会の様子(2)

一度参加してみよう!!

パテント部会に参加してみませんか!

知財に関する情報を求めている方、知財の管理で悩んでいる方、他社の知財管理の状況を知りたい方など、知財に興味のある方はパテント部会に参加してみませんか?

原則、会員のみですが、非会員の方も1回に限り無料で参加を認めています。2回目以降は有料(3,000円)になりますので、引き続き参加をご希望の方は、ぜひ、入会されるようお勧めします。入会に関してはこちらのページをご参照ください。

詳しくはこちら

平成31年度パテント部会の事業計画について

年間の事業計画(案)については,以下のPDFファイルをご覧ください。
平成31年度パテント部会事業計画のお知らせ(PDF形式:197KB)

工場見学の様子

平成30年度11月見学会

【写真】ヤマハ株式会社での工場見学説明の様子

ヤマハ株式会社

【写真】浜松ホトニクス株式会社での製品説明の様子

浜松ホトニクス株式会社

【写真】花の舞酒造株式会社での醸造工程説明の様子

花の舞酒造株式会社

開催日 平成30年11月14日(水)
見学場所 ヤマハ株式会社豊岡工場 ー 浜松ホトニクス株式会社中央研究所 ー 花の舞酒造株式会社
参加人数 25名

例会開催のご案内

《 午後の部 》
開催回 317回
開催日時 令和元年7月17日(水) 13:30~16:30
開催場所 静岡市産学交流センター(通称:B-nest)
静岡市葵区御幸町3-21ペガサート
1の島:演習室2 2の島:演習室1
開催内容

1の島     講座・演習『特許ことはじめ#2 特許調査入門研修』
 初学者大歓迎で、スキルアップを目指す知財担当者にとって特許調査は、
入り易くまた避けて通れない大きな課題です。 
今回は、参加者自身でJ‐Platpatで検索して実際に演習問題を解きながら
特許調査の実際を勉強して頂きます。
【 検索技術競技会2018の試験問題をみんなで解いて見ましょう。 】
(検索用端末は演習室に備付のノートパソコン15台(定員15名)を利用する予定です)。
 講師 石垣 明彦 氏 (石垣パテントサービス)


2の島 勉強会「特許法改正(査証制度導入)について ~特許とノウハウの基準が変わ

る?~」
 特許法、意匠法が改正されることとなりました。その中でも査証制度導入について、
法律改正の趣旨、特許実務への影響を勉強します。パブリックコメントが求められた
ときと比べると緩やかになりましたが、それでも、第三者が製造現場に入る可能性が
出てきたことから、特許とノウハウの検討基準を変える必要が出てくるのか、
文書開示命令と何が違うのかなど、いろいろな立場からの意見交換を行う予定です。
 講師 中村 仁 氏(株式会社巴川製紙所)

予告:9月定例会は、小林幸夫弁護士(小林・弓削田法律事務所)の講演を予定してます。

《 午後の部 》
開催回 316回
開催日時 令和元年6月19日(水) 13:30~15:00
開催場所 静岡市葵区追手町44-1
静岡県産業経済会館 3階 第1会議室
開催内容

一般社団法人静岡県発明協会の定期総会に合わせ、講演会を開催いたします。
 演 題:「農業を軸にしたオープンイノベーションで新しい価値を創造」
 講 師:一般社団法人アグリオープンイノベーション機構 専務理事兼事務局長 岩城 徹雄  氏

活動実績

各年度別のリンクから活動実績をご覧いただけます。

  • 2019年度  午前午後
  • 2018年度  午前午後
  • 2017年度  午前午後
  • 2016年度  午前午後
  • 2015年度  午前午後
  • 2014年度     午後
  • 2013年度     午後
  • 2012年度     午後
  • 2011年度     午後
  • ページのトップへ戻る